×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ビジネス電話検定について

スポンサードリンク

ビジネス電話検定試験の受験と勉強法

ビジネス電話検定の受験資格には何の条件もなく、受験者の合格率も高いため、

ビジネスにおけるスキルアップや電話のエキスパートを目指す人にとって

比較的挑戦しやすい試験と言えるでしょう。


ビジネス電話検定試験は年に2度、毎年6月と11月に行われます。

受験料は税込みで実践級が4300円、知識A級が2900円、知識B級が2100円で

A級とB級共に受験することも可能です。


願書は書店やインターネットを通じて入手し、検定試験のおよそ1ヶ月前が申込み期限となり、

書店か現金書留郵送で検定試験の申込みをします


ビジネス電話検定はまだあまりメジャーな資格ではないため、受験会場も少なく

近隣に会場がないということもあり得るので、受験会場をよく確かめてから受験に臨みましょう。


受験勉強としてはビジネススクールなどのセミナーに通うという方法もありますが、

独学で合格している人も多く、ビジネス電話検定受験ガイドという参考書とそれに即した問題集があれば、

独学でも充分合格できるようです。


ビジネス電話検定試験は平成20年度から文部科学省後援の検定試験となり、個人の最優秀合格者や、

最も優秀な成績を収めた企業、大学、専門学校などに対して、それぞれ個人賞、団体賞という

文部科学大臣賞が交付されることになっています。



ビジネス電話検定実問題集はコチラ>>

ビジネス電話応対を独学で学ぶ

NTT主催電話コンクール審査員である裏野さんがビジネス電話の応対を

挨拶からクレームまで解説してくれます。

きちんとした電話応答を身につけることは、ビジネス電話検定試験のためだけでなく

社会人としての最初の一歩としても重要なものです。



電話の応答が3時間でマスターできるはコチラ>>

ビジネス電話のコツを付属CD聞きながら実際に自分で声を出して

覚えていくビジネス電話の実務本です。

ビジネス電話が基本がしっかりできていないと応用がききません。

ビジネス電話検定も基本を問われます。

ビジネス電話トレーニングブックはコチラ>>